媚薬の副作用

初めて、媚薬を使うとき、必ず、媚薬の副作用に心配があります。残念ながら、個人差はありますが、確かに、副作用が出る報告があります。そして媚薬の種類や成分によって、様々な副作用の可能性がありますが、一般的に顔が赤く、頭痛、手足の痛み、食欲減退、体重低下、関節痛、かゆみ、脱毛、色彩感覚の異常などの副作用が見られます。

これらの副作用は人体が分泌するある興奮ホルモンであるため、この女性用媚薬は人に害がなく、服用したら、短時間でセックスする前の状態になれる(平滑筋のリズミカルな収縮を促進し、膣の内分泌機能を強め、性的神経を刺激し、性欲を激発する)、これも媚薬を服用した後の反応である。また過剰摂取による場合が多く、用法用量を守って使用すると問題ありません。もしひどい副作用が現れた場合は媚薬を一度、使用を中止して様子を見ましょう。

最近、市販の媚薬には偽物も多く出回っています。その中には合法麻薬のような成分的にスレスレのものが売られている場合も。このような粗悪品は、法律が改正されて単純所持で使わないで持っているだけでも違法になる場合があるのにくわえ、使った場合の副作用も大変危険ですから、絶対に買わないように注意が必要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です